千葉神待ち掲示板

房総半島の家出少女達

千葉で家出女をゲットしました!

 

10代でないのは、確かだった。泊る所がないと言うので、家に泊めてあげました。

 

その家出神待ち女は、蚊の鳴くような小さな声で言いました。「シャワーを浴びさせて下さい。」

 

「ダメだ。その前にしやぶれよ。好きなんだろ」

 

勃起していない肉棒を突き出すと、千葉の神待ち女は顔をそむけました。

 

「気取ってるんじゃないよ。まさか臭いチンコは舐めたくないって言い出すんじゃないだろうな」

 

彼女は目をつぶって肉棒を握り締めました。そしてためらいがちに口に含みました。

 

「パンパンに膨張するまでしゃぶり続けるんだ。途中で止めたら、タダでは済まないぞ」不思議な感覚でした。いつしか本格的なサドみたいになっている自分が自分じゃないみたいでした。

 

人は誰でもサドかマゾの要素を持っているということかもしれません。

 

神待ち女は、目に涙をにじませて私の息子をしゃぶり続けた。

 

その姿はなんともいじらしかったが、極限まで昇り詰めたテンションが下がることはありませんでした。

 

彼女は従順でした。空いていた方の手を股間に添えて肉棒をしゃぶりまくったんです。

 

肉棒は限界点近く先走り液が出てきました。変態にはなれないが、変態っぽくなれる。別人になり切れる。

 

千葉の掲示板で神待ちがきっかけで知り合ったが、今では、かけがえの無い存在になっている。

 

出会いは、一期一会とは、よく言ったものです。


家出少女に人気の禁断の

神待ち掲示板