神待ち札幌

人気神待ち掲示板


神待ち待機中掲示板(登録無料)

写メを掲載している娘がほとんどなので、好みの神待ち家出娘が探せます。
利用した感想は、かなり可愛い子が多い!

写メ写りがいいのを差し引いてもレベルは高い

夕方位から、家出娘のカキコミが増えるので、スタートダッシュが大切です。
いい家出娘から売れていきますから!

もうこれ以上は、語りません・・・。写メ付の自己紹介は、見てるだけで楽しい。

札幌の寒い夜

起きたら札幌の神待ち娘からいい返事が来ているように!ぼくはご都合主義の人間なので、神様にいろいろなお願いをします!

 

こんなくだらない非現実的な神様へのお願いならしょっちゅうしてますが、いま思い起こせば本気で真剣に神様にお願いをしたのは一回だけかもしれません。

 

ありきたりな話なんですが、ぼくは、好きな女の子がいました。その子は札幌神待ち掲示板で知り合った女性です。

 

ぼくはテニス部だったので、放課後はいつもテニスコートで汗を流していました。

 

そのテニスコートに隣接しているのが陸上競技場です。ぼくの高校は女子駅伝が有名な学校でして、僕らも死ぬほど走っているつもりでしたが、彼女たちはその100倍は走っていることでしょう。その中に私が好きな女の子はいました。

 

色も黒く、特段美人なわけでもない彼女ですが、まぁとにかくひとなつっこく笑顔が素敵なんです!そこに強豪校の女子部員ということもあり中々モテ人生を送っているようでした。

 

その子と仲良くなったのは札幌の高校入学して半年ころ、テニス部のイケメン先輩目的で女子陸上部の女の子たちがテニスコートの外でこちらの練習を見学してました。
本人たちはクールダウン中といっていましたが・・・

 

その中にぼくが好きだった女の子も1年生でいたのです。

 

ちょうどこちらも練習の休憩時間になったので、イケメン先輩がスーパー色気全開で女の子たちに話しかけにいきました。

 

楽しそうに話しているのを遠目にみてうらやましいとひがんでいると、先輩がぼくを呼びました。

 

すごいうれしかった半面、年頃のぼくは「なんすかー?」とクールぶってその場所に行くとイケメン先輩が、「こいつ再来年のキャプテン!たぶん全国いくわこいつ!」みたなことを言って持ち上げてくれたおかげで、その時楽しく話ができ、そしてその女の子とも仲良くなりました。

 

まぁここからはお察しの通り、時間がたつにつれてどんどん好きになっていき、二人でデートするようなこともありましたが、結局は友達関係が2年続きました。

 

その間その子は彼氏ができたり別れたりを何度か繰り返していて、ぼくはどんどん不安になってしまい、ついに高校三年生の冬、寝る前にメールを送ってしまいました。

 

すごい好きだと。ずっと好きだと。ほかのやつより絶対楽しませるし幸せにできると。

 

今なら考えられない言葉のオンパレードでしたがまぁなんとか思いのたけを1通のメールにぶち込みました。

 

メールを送ったのはいいが当然あの子は寝てるし、返事は明日の朝かと思い寝ようとしたけどとても寝れるもんじゃなく、そのあと朝の5時過ぎまでずっと神待ち掲示板で、神様に祈りながら返事を待ちましたが、いつの間にかスマホ片手に寝ていました。

 

目を覚ましたのはその日のお昼過ぎ、冬休みだったので誰に起こされることもなく爆睡してましたが、彼女の返事が書かれたメールで目が覚めました。

 

このメールを開ける瞬間、その時だけは世界で一番神に強くお願いしたのはぼくだという自信があります!

家出少女に人気の禁断の

神待ち掲示板