家出少女神待ち体験

人気神待ち掲示板


神待ち待機中掲示板(登録無料)

写メを掲載している娘がほとんどなので、好みの神待ち家出娘が探せます。
利用した感想は、かなり可愛い子が多い!

写メ写りがいいのを差し引いてもレベルは高い

夕方位から、家出娘のカキコミが増えるので、スタートダッシュが大切です。
いい家出娘から売れていきますから!

もうこれ以上は、語りません・・・。写メ付の自己紹介は、見てるだけで楽しい。

家出少女神待ち体験

オレは30代の自営業の独身。彼女はいなく、エッチしたくなった時はだいたい家出少女神待ち体験掲示板で相手を見つけてくるのが多いね。

 

2、3週ほど前も体が飢えてたので、いつものように家出少女神待ち体験掲示板の女性の書き込みを見てたんだが、ひとつ気になるのを見つけた。「諸事情につき今日と明日泊めてくれる方いませんか?」書き込まれていた内容はそんな感じだった。

 

プロフを見てみると20歳のフリーター。

 

どうやら家出のようだが、未成年ではないようで安心した。写メを見てみると割と可愛い。うん、速攻でメールしてみたよ。送った内容は以下な感じ。

 

「はじめまして!今日と明日、ご飯付きでホテル泊まりならいいですよ。

 

勿論エッチも付きになりますが」さすがにいきなり自宅に呼ぶには抵抗があったので、ホテル&エッチの条件で反応を確かめてみた。

 

まぁぶっちゃけ年齢差でスルーされるか断られるかもと思っていたが、10分ほどで彼女から返信がきたね。

 

「それで大丈夫です!普通のエッチならいいですけど、変態的なことはしませんよね?」「オレはいたってノーマルだよwww」メールで話を聞くと、どうやら彼女はここ1ヶ月ほど家出中で、前に今回と同じように書き込んで男の家に泊めてもらったらしい。

 

しかしその時はアナルまで使われそうになった上に、男性を数人呼んで輪姦されそうになって断固拒否して逃げたらしいね。

 

「じゃ、今から駅前近辺で待ってますので、着いたら連絡してくださいね」と言われたので、オレもそそくさと準備して待ち合わせ場所に選んだ駅にすぐに向かった。
着いたことを告げると、彼女は程なくして現れた。現われた子は、大き目のトランクを2つを持ち、それでいてギャル?というかヤンキーぽい子だった。セミロングの茶髪にスレンダーな体つき。

 

顔は可愛いのだが、服がよれよれで少し残念臭が漂ってたね。「はじめましてー!」残念臭は漂っていたが、元気よく挨拶されて少し好感を持ったね。

 

さてここではなんだし、ということでトランクをひとつ持ってあげてオレたちはそのままビジネスホテルへ。

 

「いや、ホント助かりますよ!ここ一週間ずっと漫画喫茶だったんでまともなベッドで寝たかったんです」ホテルに着いて2日滞在することをフロントに伝え、部屋へ入りひと息ついてから彼女の身の上話を聞いた。

 

なんでも1ヶ月前まで男と同棲していたが、どうやら男は浮気性の上にDVだったらしい。さすがにこのままじゃ自分もダメになると思って、荷物を全て持って別れて出てきたらしいね。

 

実家には帰らなかったの?と聞くと、実家とも仲がすこぶる悪くて帰る気はないとのこと。仕事も探していて、最悪住み込みで風俗するつもりでいるらしい。「だからお金ももう2千円くらいしかなくて。お願い!一万円だけでもカンパしてくれない?」なんとも逞しい子だなぁと思いながら、オレとしては構わなかったのでエッチした後にでも渡すことにした。

 

家出少女神待ち掲示板でエッチな体験

「わかった!じゃ、いっぱい満足させてあげるよー!」若さゆえに性欲もあり、ヤル気満々の彼女は早速服を脱ぎだした。

 

うん、とりあえずシャワーを先に浴びよっか。お互いシャワーを浴びて、ベッドイン。

 

彼女のスベスベの肌と胸の弾力に若さを感じた。「あ、そこもっと舐めて、あん」感度も良いようで、実に責め甲斐があったね。じっくりたっぷり前戯して、びしょびしょになったところでゴムを装着してゆっくりと挿入。

 

徐々に出し入れのスピードを上げていくと、彼女から情欲の吐息が洩れてきた。「いい!もっと!」彼女の中は具合が良く、非常に気持ちが良かった。奥までパンパン突いていき、彼女がイッたところでオレもイッてしまった。

 

「はぁはぁ、フィット感がジャストですぅ」彼女とは体の相性がいいなと思っていたら、嬉しいことに彼女もそう思ってくれていたようだ。その後は休日だったオレはその日は彼女と一緒に過ごした。少し休憩を挟んでエッチしたり、ご飯を食べに行って戻ってきてまたエッチしたりと、1日で4回頑張ってみたね。

 

翌日の朝もエッチしたから5回かな。オレは仕事だったので、ホテルを出る前にいくらかカンパしてあげた。

 

ついでにスマホ自体は持っているそうなので、連絡先の交換もしたね。ちなみに自営業のオレは、住んでいるところとは別に仕事場としてアパートを1部屋借りている。

 

彼女は住み込みで働けるところも探していると言っていたので、試用期間を設けて雇ってみようかと思い、そう切り出してみた。

 

仕事は割と専門的だからそれは覚えさせるのは厳しいが、小間使いしてくれる人がいるとオレも助かる。そんなに給料は出せないが、住むところと水道光熱費はタダだ。

 

きちんとした仕事が決まったら出ていってくれてもいいしね。ただ、仕事場に借りてるアパートに住まわせる条件は付けさせてもらった。

 

・他人を部屋に入れないこと。
・仕事道具には触らないこと。
・身分証明になる物のコピーをとらせてもらうこと。
・エッチはさせてもらうこと。

 

「え、ウチを雇ってくれるの?!うんうん、その条件で全然いい!」彼女は速攻で決めたようだ。

 

とりあえず下見させてとのことで、オレは彼女を連れて仕事場に向かった。ちなみに仕事場には仮眠用のベッドは置いてあるので、彼女にはそれを使ってもらうつもりだ。

 

「あ、なんか良い部屋!できる男の部屋って感じだね!うん、明日から是非よろしくお願いします!」彼女は深々と頭を下げた。オレはそのまま仕事に入り、彼女には一度ホテルに戻ってもらった。

 

オレも夜にはホテルに戻ったのだが、戻ってみると彼女は身分証のコピーをちゃんと用意していた。うん、いきなりの話ではあったけど信用は大事だからね。その辺もわかっている子で良かったよ。

 

酒を飲みつつ、仕事場での細かいルールややってもらうことを話し、またエッチしてその日は眠った。彼女を雇って2週間経つが、彼女は実に真面目に頑張ってくれている。もちろん夜の営みもほぼ毎日している。

 

最初はエッチしたくて家出少女神待ち体験掲示板で家出した子を拾ったわけだが、良い拾い物をしたと思うね。


家出少女に人気の禁断の

神待ち掲示板