難波神待ち掲示板

人気神待ち掲示板


神待ち待機中掲示板(登録無料)

写メを掲載している娘がほとんどなので、好みの神待ち家出娘が探せます。
利用した感想は、かなり可愛い子が多い!

写メ写りがいいのを差し引いてもレベルは高い

夕方位から、家出娘のカキコミが増えるので、スタートダッシュが大切です。
いい家出娘から売れていきますから!

もうこれ以上は、語りません・・・。写メ付の自己紹介は、見てるだけで楽しい。

難波神待ち掲示板

今の泊め男と出会ったのは、難波神待ち掲示板で私が社会人2年目の夏の事。

 

私は学生時代より南海電車で通学をしてる時から低血糖を起こす事が度々あり、社会人となった今でも起きそうになった事がある。私が電車で堺から難波への40分程の電車に乗った時。

 

その日は休みだと言う事もあり、座席は埋まり立っている人もちらほらいた。私も立って目的地に到着するまで窓の外を眺めていようと思って半分程来た所で、低血糖がおこる前兆の症状が現れた。

 

これはまずいと思った為次の駅で一旦休憩しようと考えていると、まさか難波駅に着く前に意識を失ってしまった。

 

それから意識が戻り目を開けると私を囲んだ数人の人達が見下ろしていたのと、「大丈夫ですか?意識戻りました?」としゃがみこんで肩を優しく叩きながら声を掛けてくださっていた人が安堵するのが視界に入ってきた。

 

難波神待ち掲示板の神様は優しいです。

 

その声を掛けてくださっていた方が家出人のSくんである。まだ意識が戻ったばかりの私は上手く声が出せず、こくこくと頷くと「とりあえず降りますよね?」と聞かれまた頷くと手をとられ、半ば支えられる形で立ち上がらせてもらうと心配してくださった方々にすみませんの意味を込めて軽く会釈し電車から降りた。

 

そしてエレベーターに乗って改札まで行くと、難波駅の駅員さんに事情を説明してくれると冷房の入った乗務員室に通され、冷たいお茶と共に「少し休んで行くといいよ。今日は特に暑いらね。」と優しい言葉をかけてもらい難波駅の駅員さんの言葉に甘える事にした。

 

椅子に腰をかけるとSくんは「倒れた時はびっくりしたけど」と笑いながら言うと、私も声が出せるようになり「すみませんでした・・・。

 

助けてくださってありがとうございました。本当に助かりました。」と謝罪とお礼を頭を下げながら言い、この時初めてしっかりと顔を見た。私とそんなに歳は変わらない容姿で、黒のキャップに肩まではある長さの茶色の髪を一括りにした色白だった。

 

声も変声期を迎えた男性と比べると高い為、一瞬女性と見間違ったが骨格など男性であった。私のタイプだった。

 

「じゃあ大丈夫そうだし、僕行きますね」と言って部屋を出ようとしていた為、「あ、待ってください!せめて、お礼させてください!」となんとか引き止めようと声をかけると、「じゃあ・・・連絡先教えてください」と言われ、連絡先を交換して解散となった。

 

それから少しずつ連絡を取るようにになり、あの時のお礼を兼ねて難波で食事に行くと趣味や気が合い、その後も遊びに行く事が増え自然と一緒にいる時間が増えて付き合う事となった。

 

難波神待ち掲示板で出会ってまだ3年程だが結婚し、子供にも恵まれた。


家出少女に人気の禁断の

神待ち掲示板